どんなお茶が飲める?飲めないお茶もある!?


女性の多くが悩む便秘
慢性的ではない人も、妊婦になると「出ない・・・」と悩み始めてしまいます。
妊娠するとホルモンが変化してしまい、黄体ホルモンが増えるので便秘や肌荒れが強く現れてしまうんですね。この黄体ホルモンは子宮の収縮をコントロールするので、早産や流産を防ぐ自己防衛機能の1つなんです。
胎盤の中の羊水を増やすために、腸内の水分を減らしたり子宮が膨らむ事で内臓が下がってしまう事が加わりどんどん便が出にくくなります。特に臨月が近いと、八割以上が便秘を経験することに・・・
お腹は大きく動きづらい上に便秘は苦しいですよね。
無理にお腹に力も入れられないので「自然にスムーズ」な排便が理想的なはず!便秘であることがストレスになると、動いている筈の大腸が活発になりすぎて「ウサギのウンチ」みたいに固いものしか出なくなります。

 

 

妊婦の便秘は危険です!

 

便秘の何が良くないかと言えば、辛い事より大腸内で老廃物が腐敗してガスになることですよ!!

妊娠初期に便秘になると、つわりで食事や水分も摂取が少なくなり体の代謝が低下するので「つわりが悪化し便秘もひどくなる」んです!腐敗した老廃物は血液を逆流するので、胎児への栄養補給が上手くいかなくなります
薬では改善できないので、出るのを待つだけになり無理に力を入れると流産早産のリスクも高くしてしまうわけですよ。
そうならない前に「便秘予防と改善策」を予めやっておく事が大切になります。
妊娠中の便秘は、自然に解消する事が大切なので「便秘を解消する成分のお茶」を利用してください。但し、妊娠中は「飲める成分」と「避けるべき成分」があるので、それを見極めて利用してください。

 

 

妊婦に飲める便秘茶と飲めない便秘茶

 

安心なのは食物繊維が豊富なお茶で、ゴボウ茶や黒豆茶は代表的なお茶ですし妊婦でも問題なく飲めます。
マグネシウムを含む、プーアール茶マテ茶杜仲茶も便秘改善に効果的ですが妊娠中はカフェインやカテキンは大切な葉酸の働きを阻害するので飲めません
お茶を飲んで便秘を改善する事も大切なのですが、それだけでなく適度な運動と水分をしっかりと摂取する事を忘れずに!
妊婦にも安心のノンカフェインの便秘茶があるので、それを利用してください。つわりがあると食事で食べれるものが限られてしまうので、出来るだけ食事を見直していきましょう。
私の先輩が妊娠した時に、やはり便秘になってスゴく大変そうでしたよ。
もちろん便秘に効果のあるお茶も飲んでいましたが、食事で食物繊維をタップリ取っていましたね。後は良く動いていたと思うので、普通の便秘を改善するよりも色々とやるべきではありそうです。

 

 

◇◆まとめ◆◇

妊娠でも飲めるのは、ゴボウ黒豆タンポポ茶の3種類です。タンポポ茶は母乳の出も良くなるので、出産後にも飲めますよ。
黒豆やゴボウも確かに良いのですが、飲みすぎは危険なのでタンポポ茶かタンポポ茶ベースのお茶が一番良いと思います!便秘茶を選ぶ時は、「妊婦でも安心のお茶」であることを必ず確認しておきましょうね。