知らずに飲むより、調べて飲むべき!!

便秘茶は天然成分がメインなので、特に体に害があるものではありません。医薬品ではないので、体に悪いものを混ぜている事もありませんから特に問題はないですし「健康食品」登録されているので安全性に関しては問題はありませんよ。ただ便秘を改善するからには、色んな成分を含んでいます。体質により成分が効きすぎる事もあるので、そこはチェックしておきましょう。

 

副作用はどう現れる?

 

便秘を改善する成分が含まれている、便秘茶は腸の働きが正常である人が飲むと刺激が強くて下痢になったり、胃腸が弱い人が飲み続けると食欲不振や胃もたれに吐き気等の不快な症状が現れてしまいます。

便秘茶の中には腸壁を強く刺激してしまうものもあり、この事が便秘改善だけでなく体に副作用として現れてしまいます。
効果が出るのはありがたい事なんですが「効きすぎる」のが難点・・・。
効果があるって良いことなんですが「効きすぎて困る」のはまた別です。
強度な便秘になると、量を多く飲んだりしてしまいますがこれが大変な事になってしまうことに!!効果が出すぎると反対に体調が悪くなる人もいるので気をつけてください。

 

 

飲み始めはゆっくりと!

 

便秘茶の飲み始めは「薄めにする」事から始めるのがベスト。
お試しタイプの便秘茶で「自分の体質に合っているか」を確認するのも大切です。
いきなり飲むのではなく、時間を空けるとかゆっくり飲むとかして体に特に問題がないかを確認しながらにしてみましょう。
便秘茶は即効性はないものの、体質に合えば便通も良くなるので使えますが耐性が付いてしまうと効き目が薄くなる事も忘れないで!できたら便通が安定したら、自力でお通じが出来るようにしていく事も大切です。
便秘茶は「便秘の改善」の為に飲むもので、「腸の働きを良くする」ものではありません。
便秘を改善するためには、自力で腸が正常に働くようにする必要があるわけで・・・それは体の機能が正しく働く「代謝の正常化」なんですよ。

 

睡眠不足ストレス暴飲暴食が蓄積すると、内臓の働きさえも衰えていきます。

基本的には、体の老廃物を自力で排出する力を作る・安定させる事が大切なんですね。
どんなものにも副作用はありますし、無理矢理体の機能をねじ曲げればバグるのは当然ではないでしょうか。大切なのは、副作用の有無ではなく「どうして便秘茶を飲まなくては便秘が改善しないのか」を自分自信が考える事だと思うのです。
副作用があるようなら、便秘茶を中止して腸の働きを正常化することを考えてみてくださいね。

 

◇◆まとめ◆◇

便秘の改善には食物繊維が必要ですが、この食物繊維にも種類があるんです。
現代人は便の排出に必要な不溶性の食物繊維(ゴボウや穀物)が不足して脂質が多いのも原因なんです。便秘茶を飲んでも食生活がしっかりしていないと「便秘茶なくては、お通じない」でずーっと過ごさなくてはならなくなるんですよ!
副作用が起こると言うのは、言い換えれば「体に必要なものはこれではない」のサイン!良い方向に考えれば、便秘茶も使いようですね♪